See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はスピリチュアリスト

私はスピリチュアリスト

このブログを書いていくにあたって、自分にとってはとても大事なことなので、
こちらに前提として記載。

今、スピリチュアルのブームという時機も過ぎ、色々な方が顕れ、
多種方面からのビジネス化したスピリチュアルが流行っていますが、
実は、それ以前より、スピリチュアリストとして生きていた時期があります。


スピリチュアル。

巷で、はまっている主婦や下手をすると新興宗教などに捕まって、
大丈夫か?といった、経営者の方とかもいますが(念○教とか)、

私自身、全て必要だからこの世に有り、
全て必要だから出逢っていると考えています。


といっても、いろいろな因果法則があり、一言でそれだけに絞れるものでもありませんが、
人生終わるときに、振り返ってみると・・・・
あの時の経験が、ここで活かせれるのか。活かしていたのか。
この為だったのか。
そんなふうに思う事も、多いのではないでしょうか?

自分が通って来た美智は、誰かが通ってきた美智。
そして、これから通ってくる方々への道案内役。

迷いも苦しみも悲しみも、色々な障害も、
そして同時に、
沢山の喜びや、楽しみ、嬉しさや、幸せも。

ぜ~んぶ、自分が選び・学び・理解し・次へ進むためのステップであり、
不要な方には訪れないものばかりです。


自分は、昔、スピリチュアリストでした。
それも、出だしで書いたとおり、今のようなブーム(も多少過ぎ去りましたが)に
なる以前に、ヒーラーとして色々な方をひーりんぐさせて頂いていたり、
必要な方にメッセージをお伝えしたり、リーディングやチャネリングなども
行っていました。今でも、その当時の方とのお付き合いが有ります。

そんな中、地鎮や場開き、レイライン結びとして、
こちらの懐や時機など関係ない状態で、全国を行脚していた時期もあります。

不思議なことに、費用が足らなくても、上が望む時、
その額ピッタリにお金が届いたり、
時間が開いていないから無理としていたはずなのに、
突然に予定がキャンセルになったり(笑)

それで、動けれるようになってしまって、 わかりました^^; と
問答無用コースで動いていたことも多い昔。。


そんな中、スピリチュアリストとして生きていくのか、
それとも、
現実の世界に埋没して生きていくのか、


それを問われる流れが訪れました。


そこで私は、スピリチュアリストとしてだけではなく、現実の世界に埋没するのでもなく、
「両軸を立てて生きていく」と決めた過去があります。


なぜなら、スピリチュアリストは、きれいな言霊を吐き、
さも物事をわかっているかのように伝えますが、
現実的に自身をなぞらえると問題も多く、
また、問題が多いからこそ、多かったからこそその道に入る、
そういう流れの道筋もみえ、

同時に、

ただ、メッセージを伝えているだけでは現実(「世界」)は変わらない。
と体感的に理解していたから。


その当時は少なかったですが、
これから、多くの同じようにメッセージを伝え、
きれいな言霊を吐く人々は山ほど増えていく。

その未来が見えていた当時。

それで、世界がでは良くなっているのか?を見た時、
まるで変わっていなかったんですね。


今の世界と何も変わらない。
それよりも、それぞれが多種性を増し、色々な諸々が起こってくる中で、
まとめるものもなく、ただ、「或る」だけ。

それだけ。


或る。 これも深い意味合いはあるので、大事なのですが、
世界が変わらないなら、また、同じような人々が増え、
現実世界に触れずに、一つ間違えば、眉唾ものの一見きれいな言霊を吐き、

自分はすべてを見知っている
理解している

そう勘違いを起こして、グランディングが出来ない
真の意味で、足に血が付いていないスピリチュアリストになるのであれば、
これから山程の大勢の人々が、同じように動くなら、
わたしはもう、「この位置」立場にはいらない。

総判断し、実直に生活レベルを変えていけるような動きをしていこう。
そう決め、両軸としました。

これは、とても厳しい美智なのだと、教えられました。
スピリチュアリストとして、まっすぐに通って行く美智と
現実世界のみで真っ直ぐ行く美智とはまた違うと。


両軸に立ち、或る。


それは、まるで真を問われるような生き様になっていくのだと。



事実、今現在、そうだとおもいます。
これについては、他にも色々書いてくことで、
自分にとっても理解が深まるだろうと考えています。

今、私はこの位置にいますが、
渡されている美智も何年も前よりあり、
それに至れずにいた結果が、鬱病という診断に至っているのも事実です。
※見事に妄想などで括れる世界です。

この未知に、コアに関わっている方は理解できるかと思いますが、
自分のオーラ層が幾重にも天上・・・宇宙に向けて広がっていく時・・・
そこに多数の自分も存在します。

それも認知するわけです。

下手をしたら、(現代医学の考え方では)統合失調症と診断されかねないのが、
その道に携わるものの一部の姿見だということもご理解ください。
実際、同じように動いていた方とそんな会話をしたこともあります(笑)

だからといって、制御できないわけではないので
普通に暮らせているわけですが・・・

この道の中で、制御できなくなると、
それはスピリチュアル・エマージェンシー症候群と
我々の中では呼びます。

現代の医学会で、ここに理解が及ばないため、
かなりの能力を持った方が、薬の投薬と病棟への入院というカタチで、
逆説的な手をうたれ、命を落とした方も、私は知っています。
※その家系は代々、大きな霊力を引き継ぐご家族で、
  ピアニストもだす、名家だったのですが、もう残り一人の弟様も生きているかどうか・・
  能力というのは、時にして危険なもの。。大事な課程や修練が起きないままに継がれると、
  苦労が絶えず、命を落とします。


※そんな危険性を理解せず、今ビジネス化した能力開発や伝授が
  跡を絶たないのも事実です。
  こちらでも、私の知人が一人・・・ 
  開き方を間違えて、自分を見失い、正しい課程を通らなかったばっかりに 
  迷い・間違い、正しい判断が取れなくなり、命を取られています。
 

怖いことばかり書きましたが、本来のスピリチュアルとは、精神医学とも言える分野です。
簡単にできることが悪いわけではありませんし、多くの手段があるのも必要だからこそ。
ですが、取り扱いや自身の学び・理解が落ち着くまでは、
新しいものへ次々に飛び込まないでください。


受けてみたけどなにか違った。
ここで言っていることはわかる。
でも何か求めているのとは違う。

これも楽しそう。これだったら何か見つかりそう。これなら・・


何かを求めている。そんな方がこの記事を見たなら、
どうか、次々に飛び込まず、自分と向き合いながら進んでいってください。
また、自分一人で無理な時。必ず傍に師匠となる、その時に必要な方がいます。
いなければ探してください。

そして、その人からある程度のことを聞き、学び、理解し、実践し、
身となった時・・・・。
自然と傍に居る方なら、離れていきます。

そして新しい方が、自然と横につき、次の伝授を始めるでしょう。


真に求めていればこそ、その動きは起こります。


一人の方から学んでいるうちに、新しいもの(方)へ飛び込むことは、
かなりの危険性もあるので(理解が及ばないうちに、違う見方を伝授され混乱するため)、
間違えないようにされてくださいね。
※算数の基礎を勉強しているのに、数学の入り口を突然渡されるようなものです。
 同じことを伝えようとしていても、切り口。考え方。見せ方が違います。
 (この次元は、多種多様の幾面の捉え方、見え方が立ち位置や切り口であるのです)


と、なにか話題が微妙にずれていっていますが、
私はスピリチュアリスト。

この事実を受け止めることから、初めて行きたいと思います。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。