FC2ブログ
See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Windows7] Backlogsプラグインをインストール Bitnami-Redmine2.6

[Windows7] Backlogsプラグインをインストール Bitnami-Redmine2.6

自社のプロジェクト管理に、Redmineを使っているのですが、
WindowsにBitnamiでインストールしています。
今回、プラグインを入れていく中で、Backlogsプラグインが大変だったので(汗)
そのインストールメモを記載します。



まず、Redmineとは
Redimineは、プロジェクト管理も出来るツールの一つです。
今は、ITで使うツールの、三種の神器の一つと言われるもので、
扱えれるようになるとかなり重宝します。

しかも、フリーで使えちゃうんだなっw
ということで、インストールされている会社様も多いはず。。

今回、Windows7にBitnamiにてRedmineをインストールした上で、
Backlogsプラグインのインストールの仕方を記載します。


Backlogsプラグインとはなにか?
アジャイル開発用のタスク管理ツールで、Ajaxを多用していて直感的でサクサク動くという代物。
スクラムというやり方で、ストーリというものを基本に、みんなで開発しちゃうぞというシロモノです。

主な機能としてはこんな感じ。

バックログ画面 カンバン タスクボード バーンダウンチャート


他にも
プロダクトバックログの管理(親チケット)
タスク(子チケット)
リリーススプリント
スプリント(バージョンを応用)
ベロシティの計算(たぶん)
タスクカードの印刷
とあるようです。

画面の説明はこちらがわかりやすいw

Redmine Backlogsで簡単スクラム!スクラムマスターや開発チームとして使う編 | 世界はどこまでもシンプルである
Backlogsプラグインはこんな感じ!




機能の説明はこちらもわかりやすいw 
※ただしこちらは、Alminiumプラグインでの説明
 Windows7には、厳しく諦めたプラグイン・・(説明が少なすぎ(涙))
かんばん!~もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(4):「Redmineでスクラム実践!」~アジャイル開発始めました~ (3/3) - @IT
スクラムってこんなんです!





とりあえず、インストールの仕方をまとめます。



【プラグインインスト前の基本作業】
1.必要なファイルをバックアップ
※データーベースから、全てのバックアップをとっておいて下さい。


2.Windowsシステムにパスを通す
システムのプロパティ->詳細設定->環境変数と進み、ユーザー環境変数に下記を追加します。

RAILS_ENV=production
PATH=C:\BitNami\Redmine\ruby\bin;C:\BitNami\Redmine\imagemagic

RAILS_ENVは新規で作り、変数設定で=productionを。
PATHは、既存にあるPAHTの後に、「 ; 」を付けてCから記載します。


3.Redmine Backlogsをインストール
次に、Backlogsプラグインをインストールします。

スタートメニュー->BitNami Redmine Stack->Use BitNami Redmine Stack で
コマンドプロンプトを起動。

次のコマンドを実行して下さい。

cd ..\apps\redmine\htdocs\plugins
git clone https://github.com/backlogs/redmine_backlogs.git

※これで、pluginsフォルダにredmin_backlogsフォルダが作成されます。


4.redmine_backlogsフォルダ内 Gemfileファイル設定を変更する。
C:\BitNami\Redmine\apps\redmine\htdocs\pluginsの直下に
redmine_backlogsフォルダを開き、Gemfileをテキストエディタで開き、
以下のコメントアウト。※ #を頭につければコメントアウトになります。

gem "test-unit", "=1.2.3" if RUBY_VERSION >= "1.9"

gem "thin", :platforms => [:ruby]

私の場合、なぜかthinがいくつもバージョンが合って使えないよっ!
というエラー文が出まくったので、thinを消しています。
エラー文は以下のとおり。

You cannot specify the same gem twice with different version requirements.
You specified: thin (= 1.6.1) and thin (>= 0)

じゃ、多いんだね、整理しようか。と

gem uninstall thin  

とコマンドを打つと、ずら~とでてくるんですが、
全て消しても、同じエラー分が出るんですね。
なので、コメントアウト。
※全て消した後、最新版thinをインストールしました。(gem install thin)


5.必要Gemをインストール
次に、Backlogsプラグインを動かすために必要な、gemツールをインストールします。

通常は、 /以下略/plugins> よりのコマンドで

bundle install

でも、エラーが出る場合は、
以下を実施(コマンドを打つ)。

gemのインストールパッケージを保持しているミラーサイトが死んでいた場合、
日本のIPからはインストールできない時の回避策。
これで、ここからインストールできるようになる。

gem source --add http://production.s3.rubygems.org


以下のコマンドを順次実行。※一個ずつインストールして下さい。

gem install timecop -v 0.3.5
gem install simplecov -v 0.6.0
gem install icalendar
gem install holidays -v 1.0.3
gem install holidays
gem install spork
gem install open-uri-cached
gem install prawn
gem install inifile
gem install spork
gem install ZenTest -v 4.5.0
gem install autotest-rails
gem install capybara
gem install cucumber-rails
gem install culerity
gem install database_cleaner
gem install hoe -v 1.5.1
gem install poltergeist -v 0.6.0
gem install rspec-rails -v 2.11.0
gem install rcov -v 0.9.11
gem install poltergeist -v 0.6.0
gem install redgreen

※holidays gemは、Redmine Backlogsの公式ページで
 エラーの表記があり説明があるものなので、
 必ず2つインストールすること。

※私の場合、
  gem install ZenTest -v 4.5.0
  gem install rcov -v 0.9.11
  がうまくいかなかった・・・ けど、まっいいや~と進みました(ぇw


6.インストールしたgemをマイグレーションする

以下のコマンドを、pluginsの位置から打つ。

bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production
bundle exec rake tmp:cache:clear
bundle exec rake tmp:sessions:clear

これで、インストールしたgemが利用できるようになりました。


7.いよいよ、Backlogsプラグインをマイグレーション(データーベースと接続)

通常は、pluginsの位置からコマンド
bundle exec rake redmine:backlogs:install RAILS_ENV=production

私の場合、htdocsからコマンドでインストールが通ると、
以下の文面が出てきます。

=====================================================
Redmine Backlogs Installer
=====================================================
Installing to the production environment.
...
done!
Configuring story and task trackers...
そして何やら訊いてくる。後から変更できるので、適当に指定。

-----------------------------------------------------
Which trackers do you want to use for your stories?
1. バグ
2. 機能
3. サポート
Separate values with a space (e.g. 1 3): 1 2 3
You selected the following trackers: バグ, 機能, サポート. Is this correct? (y/n) y

-----------------------------------------------------
Creating a new task tracker.
Please type the tracker's name: Task
You typed 'Task'. Is this correct? (y/n) y

Installation complete. Please restart Redmine.
Thank you for trying out Redmine Backlogs!

後は Redmine を再起動しておしまい。
無事、画面はでたらOK♪

出ない場合は、
スタートメニュー>Bitnami>redmine>redimne maneger tool を立ち上げると

Thin_redmine
Thin_redmine2

が、すぐ赤く閉じてしまっているはず。

windows7で上手く動かない場合は、こちらを参照。
途中までは同じだったので、かなり参考になりました。
win7にBitNami Redmine Stackを入れたら503エラーで動作しない / [win] | 戯術者の日記
エラーで動かない場合はこちら。




私の場合、
[Sun Jun 17 19:18:05 2012] [error] (OS 10061)対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。 : proxy: HTTP: attempt to connect to 127.0.0.1:3001 (127.0.0.1) failed

[Thu May 14 18:03:26.074387 2015] [proxy:error] [pid 984:tid 1272] AH00959: ap_proxy_connect_backend disabling worker for (127.0.0.1) for 60s
[Thu May 14 18:03:26.074387 2015] [proxy_http:error] [pid 984:tid 1272] [client 127.0.0.1:52945] AH01114: HTTP: failed to make connection to backend: 127.0.0.1


という、プロキシエラーも発生していたのですが、
このブログの中で、最初にwindowsシステムに環境変数で設定した部分が、
windows用に設定できていなかった事で、起こっていたようです。

上のリンク先にある、ImageMagickの例がありますが、rMagickも含め、
同じ理由の模様・・・(自信はない・・・


他、インストール後、Redmineを再起動したら、
他のプラグイン同様に、プラグインの設定が必要です。


8.トラッカーの登録

管理者アカウントで、管理>トラッカー画面の「新しいトラッカーを作成」ボタンから、
ストーリーとタスクというトラッカーを追加します。
※「ワークフローをここからコピー」で既存にある「バグ」や「機能」を選択すること。

トラッカーにワークフローが設定されることで、
ストーリーやタスクへのBacklogsプラグインの操作が可能となります。


9.Backlogsプラグインの設定
管理>プラグインを開くと、プラグイン一覧に、「Redmine Backlogs」があると思います。
※なかったら、インストールが完了されていません(汗) 

・・・・・・がんばってください(何?!


Redmine Backlogsの右にある、「設定」をクリック。
どんなふうに使いたいのか、ここから設定できます。
こちらから、先ほど設定したトラッカー名が扱えますので、
それに設定したいものを、当てはめてくださいね。

(というアバウントでごめん。ちかれた・・(ぉぃw


10.プロジェクトでBacklogsを有効する。
[管理] - [設定] - [プロジェクト]で新規プロジェクトでBacklogsを有効にします。
[管理] - [プロジェクト] - [モジュール]で、既存のプロジェクトもBacklogsを有効にします。


11.ロールの設定
ロールから使える権限を設定します。
管理者に全部つけておく

ここで、スクラムをする際のコツを理解しておく必要があるらしい・・

スクラムでのロールは、次の3つ

1.プロダクトオーナー プロジェクトで作っていくプロダクトを決める人(要求、仕様、優先順位を決めて、実際にプロダクトを確認する)
2.開発チーム プロダクトを実際に作っていく人たち
3.スクラムマスター プロジェクトをスクラムで進めていく人(プロダクトオーナーと開発チームの調整)

ロールは単なる目印、みんなでスクラムチーム
ただ、プロダクトオーナーとスクラムマスターの兼任は辞めたほうがいいらしい


http://blog.scimpr.com/2014/03/10/redmine-backlogs%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0/#redmine_backlogsより

これで、基本的に使えます♪

結構大変な作業、お疲れ様でした。


その他、スクラムって?という説明から使い方まで詳しいのはこちら


抜けているのもあるかも・・・
こちらで、一通りチェックして下さい。


他使い方で参考になるサイト
Redmine Backlogsではじめてのスクラム | Scimpr Blog
backlogsインスト後の設定について。



Backlogsプラグインについてじゃないんだ!
やりたいのは、スクラムなんだ!!
スクラムがわからんものは、右に出てこーい!
この概念のもと使えっ

的な、とっても簡単な説明ですが、視点が違っている説明ページ。
いや、王道ページっ(笑)


はい、書いている言葉が何か壊れてきているのを
自覚しています・・・・


本日はここまで!
ありがとうございました。


PS 
windowsに拘らないならば、Alminiumプラグインを一押ししたい自分がいます。
こちらのほうがインストールも簡単らしい(笑)
必要なツールもどーんと入っちゃうらしい(笑)
ぜひお試しを。




以下の参考になったサイト様。
皆様ありがとう御座います!

坂の街より : Redmine: 評価の高いプラグインRedmine Backlogsを入れてみる
エラーの四苦八苦が似てる・・・・(汗



https://community.bitnami.com/t/how-to-add-backlogs-plugin-in-redmine/20446 ※海外

とりあえず: 2013年1月
こちらも参考になりました。



BitNami Redmine Stack 2.1.2-0にRedmine Backlogsをインストールする | A certain engineer "COMPLEX"
参考になった詳しい場所※今とシステムは違います。



Redmine Backlogsではじめてのスクラム | Scimpr Blog
backlogsインスト後の設定について。



RedmineのBacklogsプラグインを使ってみた - かおるんダイアリー
機能説明


※ちなみにここから、日本語化も出来るツールが有るが、必要なのかな?
※今インストールが終わったばかり・・
関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。