See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経営者のうつ対策1】ビジネスモデル・損益・時間対費用を出しきる

【経営者のうつ対策1】ビジネスモデル・損益・時間対費用を出しきる

お疲れ様です。先日、経営者のうつ病対策として書かせていただいた資金の記事。

今回、改めて自身の「ビジネスモデル&損益&時間の使い方」を出したら、
自分が全く動けなくなってしまった理由が明確に、数字として顕れました(汗)



先週より始めた、朝型化生活の影響か?何故か自然と、戦略を考える
時間が生まれました。 しかも短時間でまとまっていくのです・・


朝って、すごい!


そこで、ふと・・・先日の資金の記事で

追われっぱなしの場合は、今のやり方を変えてください。

その業務は、他の方法で達成できませんか?
損益分岐点からの行動計画に、日々沿っていますか?
ビジネスモデルは、成り立っているでしょうか?


と書かせていただいた、
ビジネスモデル、損益分岐点、日頃の作業の時間表を出してみました。


参考にしたのは、
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書です。



ビジネスモデルはこんなもの
16.jpg
※すいません、ネットの何処かからか拾ってきました。
  URL記載を忘れました(汗)ごめんなさい。


そう最初は、ネット上でビジネスモデルを組み立てるための、
使える表や考え方などを探していたのですが、
なんとこの本、自身がSMIでのクライアントだった頃に、
専属の方より薦められ、自社で購入済みだったという・・・


なのに、まったくビジネスモデル図として、起こしたことがなかった・・・


そして、今何気に勉強中である、
ブルーオーシャン戦略のフレームワークも付いている?!; ̄ロ ̄)!!
今ふと開いたら、このページ?!
ビビったっ まじ、ビビったっ。

しかも、ビジネスモデルキャンバスと組み合わせられるのか~っ
わぁー、新たな課題がでてきた。(宿題)
でもこれができたら・・・ブルーの波にのれちゃうぞっ!


・・・・ごほん。失礼しました。落ち着きます。
   ※ブルーオーシャンとはなんぞや?と思う方は、検索してみてください。 
     REDばかりは辛いぞよっ!


さて。話を戻します。
このビジネスモデルを組み立てたことで、
自社のリソース(持っているもの)と、ターゲット層が、以前より明確になりました。
※ターゲット層とは先ほどの図で、ビジネスの縁側にあたるものです。


で、その下にですね?ビジネスの土台ってありますよね。


ここが、コストがどれくらい掛かり、どこから収益が入ってくるのかなどを
入れる項目なのですが、大雑把に入れたところで、
別表で損益表を作ったんです。

営業にどれくらい費用が掛かっているか。 
打ち合わせ回数を費用に換算するといくらになるのか?
・・・etc


それで出た数字は、これまでと同じ。
そこは下回っていない。
よし。


じゃ、時間はどうなの?
どれくらいの時間を掛けて、いつもやっているの?
と、各項目をかかる時間を数値化して、合計してみたら・・・


でました。  赤 が。


時間対効率の話でもあるのですが、
どうしても、外せない時間などがあるんですよね。
じゃ、それらも入れて、効率化のパターンを書いてみた。


それでも、理想ラインを超えてくれません(泣)

違う方法・考え方を入れないと、達してくれない。



実は、以前・・・今の状態になる前に、
月、3本しか出来ないという感覚に陥っていました。
でも、ありがたいことに6本などお話が来るんですね。
それができれば、万々歳なわけです。


そこで、受けるんですが廻らない(汗)

多少便宜して、時間的なことも考慮しているはずでも廻らない(汗)

そして、資金繰りもいつものごとくアップアップ(汗)



6本作れたら、自社としても万々歳なはずなのに、どうしてできないんだろう?
このジレンマに陥っていました。
そして、苦しかった・・・ ずっとずっと・・・・・(追われっぱなしで数字が上がらず(涙))


でも、今回の時間の計算で、
1ヶ月の労働時間 と 1本に対する完成までの時間 を 割ってみると
綺麗に3本なんです。 これには驚きました。



そりゃ、超えれないわ。


そう理想の数字は、6本。
でも、これまでのやり方で効率化をしても、届かない。
そして、3本でこれまでのやり方だと時間対費用でみると赤字。


大問題発生です。


ということで、仕組みを変えてみることにしました。
すると、7個まで可能。 (おぉ・・
その分、下準備に時間がかかりますが、
これで、赤にはなりません。


これしかない!


いや、他にも方法はあるはずです。
が、今見える方法はこれしか無い。


ということで、今その下準備に時間を当てています。


これが出来上がったら、本当に楽☆ かなり作業率が減ります。
その分、新たにできることも増えていきそう~
それで、収益が上がる仕掛けを作れたら、もっと万々歳ですよね。


今回、ビジネスモデルと損益と時間対費用などを出したことで、
ようやく自社の問題点が掴めました。

これで、ようやく追われっぱなしの流れから、解放できそうです。
来月から始動できるかな?


この記事に出逢った方は、ぜひ、
ビジネスモデル、損益計算書飲み直し、現在の時間帯費用などを
出しきってみてください。


そこに答えがあります。


ありがとうございました。


参考書:
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。