See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「足下の敵(そっかのてき)」攻撃の原則

「足下の敵(そっかのてき)」攻撃の原則

ランチェスター戦略の基本、その3.足下の敵(そっかのてき)」攻撃の原則です。
大手のようになりたくて、大手のまね事ばかりだと・・・
逆に足元を掬われます(あ。意味が違った・・)

・・・詳しくは、続きをご覧ください。



市場が成熟してくれば、各企業の市場のパイの奪い合いが始まります。
その際、「自社の売上・利益をどこから奪えばよいのか」となりますが、
ランチェスター戦略では、自社よりシェアが1ランク下の足下の敵から奪えということになっています。



理由は明白で、
1.自社より強い敵と全面対決しては体力に劣る自社が不利になること。
2.勝ちやすい敵であり、1ランク下から奪う事で、シェア率に差が付き、
  自社が安全圏となるから。


では、どのように1ランク下の敵を叩くか?
この場合は、
ミート戦略です。
ミート戦略とは1ランク下の敵に合わせて同じ戦略をとり、敵の得意分野を消し去ってしまう戦略。

当然、差別化は行ってください。
常に自分の特徴を出せるように努力しましょう。
1ランクしたよりも、良い物なら伸びます。


弱者がとる戦略は差別化ということになりますが、強者は弱者に同質化していきます。
強者が弱者に合わせるのは価格競争に持ち込み、弱者の体力を奪うということもあるようです。


できたら、競争先が少ない、ブルーオーシャンを狙いたいものですが・・・
新規に開拓するマーケットというのも、浸透するまでには時間がかかるのも事実です。

時代は移り変わり、今は共生の時代ともいいます。
これまでは奪い合いだったのが、共生という道でみることで・・
なにか違う事業展開も、見込めるような気も・・・


だれか、試してみてくれないかな(笑)


パイの奪い合いとなった場合は、足下の敵を叩く。
この原則だけ、頭に留めておきましょう。

ありがとうございました。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。