See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鬱の方へ】【新しい未来づくり】自分の思いを書きなぐる

【鬱の方へ】【新しい未来づくり】自分の思いを書きなぐる

私はこれで、かなり変わりました。
単純に思いを書く。それだけなんですが・・・
すっきりとした未来へ向けて動きたい時、
すこぶる結果を発揮します。



新しい未来へ向けて。

これは、第一にして欲しい事柄です。
それは、ノートに思いを書きなぐるだけ。
なんでもいいんです。ふと浮かんだことでもなんでも書き留める。


それだけです。


( ̄◇ ̄;)エッ? って思うでしょ?

でも、不思議なんですが気づきが増えたり、
忘れていることを後で、そのノートを見て思い出したり、
書いて忘れたことが、後で現実化していたり、
シンクロが起こったり、意味不明ですが色々起こります。

心になにか抱えている方や鬱病の方は、
普段は吐き出さない思いを、とことん書きなぐることもお薦めします。
罵詈雑言なんでもOK.
いたずらに悪口を書くのでもなく、
純粋に出てくるままに書き綴っていってください。

ある程度したら、職場や人への愚痴や罵詈雑言だったものが
でなくなります。だって、すべてノートに吐き出しちゃっているから。


ただ、この時の大事な約束事がひとつあります。


それは、書き初めてから8週間はノートを読み返さないということ。
実は最初の頃って、心の何か抱えていない人でも、
色々な愚痴などが山盛り出ます(笑)
なので、その整理期間が8週間なんですね。

ですが、不思議ですが、本当にでなくなっていくんですよ。
あ、たまにはでます。が溜まった思いというわけではありません。

実はこの手法は、モーニングノートという手法です。
詳しくは、こちらを読んでみてください。

絶大なる効果!毎朝「モーニングページ」を書くと、人生が変わる?! ぜひ、習慣に!【実践者の声も】 - NAVER まとめ
これはすごい!本当に結果がでました!




実はこれを読む前に、東京にある鬱病の方へ専門のカウンセリングを
されている方が出した本を読んでいたんですね。
そこにも、紙に思いを書きなぐるというものがあったんです。

まず、父・母への思いをとことん書く。
実はこれだけしかそこにはなかったんですが、
私は、職場関係への思いを次に書きました。


かなり、書きながら悔しくて腹立たしくて、
同時に寂しくて、辛くて、大泣きしました。


でも、そのおかげか?
こだわりが大分抜けて、今は全然気にしていません。
やり始めたのは、かなり昔。。
半年以上前で、出来るときにやっている感じです。

最初は辛いときも、人によりあると聞いていたのですが、
確かにそうだったかも。。
でもそこでやめないで、と見ていたので、
とことんやり切りました。

というより、自分の場合、
書ききるとスッキリしていたんですよね。
2枚・3枚と拘らず、1日10枚ぐらいA4キャンパスノートに
気づけば書ききっていました。

スッキリするまで書く!
そう決めていたからかも。

というより、思いが止まらなかったのかも(笑)

リンク先にも記載にも同じようなものがありますが、
本当にノートに気づけば解決策を考えていたりしていて、
今は、9マス日記と合わせて活用しています。

こうなりたいっ とか マインドマップではなく、
純粋に出てくる思いを、まず書き留めていってください。
意外な言葉がでてきたり、自分でも驚くかもしれません。


ぜひお試しを。

ありがとうございました。

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。