See more details
Title List

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌断食:場合別、肌断食の進め方。

肌断食:場合別、肌断食の進め方。

このブログは何だったっけ?と思うくらい、肌断食についてまとめていますが、
気になるものはやってしまえ!ということで、本日は徹夜気味で集中投稿していますw

さて、次は、場合別、肌断食の進め方。

一気にやめてもいい人と、ダメな人があるってご存じですか?
そんなお話です。



自分の場合、日頃から手作り石鹸(オリーブ100%コールド製法)と、
手作り化粧水(グリセリン+にがりのみ)で、来ていたタイプだったため、
肌が思いの外? 強かったのか、あまり今のところ大変な状態っ(><;
と感じる状態にはなっていません。

ですが、どうしても油ギッシュになってきたり、コメド(角栓)が現れると
気になって、ザラザラした部分を触れ、炎症をおこすということを
繰り返しても来ました。


ということで、人により肌のタイプが有り、
進みも違うと思いますが、
本の内容をきっちりやろう!ととても厳しく、
いきなりスパ!と全てをやめてしまってから、
苦労する方も多いみたいなので、

場合別、肌断食の仕方をまとめてみようと思います。



1.20代の方
まず、20代の方は水洗顔だけだと、にきびができやすい可能性があります。
というのも皮脂の分泌が多い時期だから。
ワセリンは少なくとも、毎日付ける必要はあまり無いでしょう。

乾燥肌・アトピー肌の方には、
肌断食の方法はある程度向いていますので、
続けていかれたら良いかと思いますが、
※ただし、最初の頃はぬるま湯洗顔よりも水洗顔をおすすめ。

混合肌や、油分が多い方は、
肌の様子を見て、石鹸洗顔をいれることをお勧めします。
夜ワセリンを塗って、皮脂を馴染ませた後、翌朝、石鹸洗顔をすれば、
毛穴が小さくなっていくという話もあります。

ご自身のお肌に聞きながら、取り入れてみてください。


2.ニキビ肌の方
ニキビ肌の方は、ワセリンが有効だと言われているため、
意外に、肌断食を行い、ワセリンで保湿をすることで、
良くなっていく方が多いようです。

ただ、塗り過ぎは禁物。
ほんの少し(米粒2つ分くらい)を手にとり、
手の温度で手のひらに伸ばしてから、
肌の上に置くようなイメージで、軽く肌をプッシュしていくのみにしましょう。

そして基本、いじらない(・・b
これで、かなり早く治っていきます。

ただし、それで悪化する場合は、
ワセリンが悪いのではなく、肌にある常駐菌のバランスが崩れています。
その場合は、石鹸洗顔を適度に入れ、ワセリンでの保湿をお勧めします。
だんだんと落ち着いていくと思いますよ。


3.これまでリキッドファンデーション、ダブル洗顔、
化粧水・乳液・美容液とがんばってきた方。


最初に伝えます。
洗顔素地での固形石鹸のみで洗った後、
肌がピリっ!とすると思います。

そして、しばらくすると、すぐカサカサになるでしょう。


実はこれ、これまでの手入れで角質層のバリアを徹底的に壊してきたからにほかなりません。
つまり、ご自身の角質層ができあがっていないのです。
肌奥に成分を届けようとすればするほど、
実は、角質層のバリアを突破しないと、できません。

日々、下地にカラーコントロール、リキッドファンデに粉ファンデ。最後にルーセントなどしてきた肌は、
自分の力で、守ろうとする力もありません。
この状態で、いきなり、すぱ!とすべてを変えてしまうと、
場合により、かなりの苦しい状態に突入します。


では、こういう場合どうすればいいのか?


まず、週末肌断食を行いましょう。
よく芸能人さんが、自分の肌のチェックも兼ねて行っている方法です。
いわば、肌を休ませる行為でもありますし、
肌自身の力を引き戻す作業でも有ります。

その際は、固形石鹸で洗った後のワセリンは忘れずに。
最初しっかり、ワセリンで保湿することで(といっても付け過ぎは禁物)、
数日は、ぬるま湯洗顔でも潤いがあるかと思います。

ですが、何も付けないのが気になる場合は、
ワセリンだけなら、ぬるま湯洗顔後もつけてOK。

この時、ぬるま湯洗顔もなにか厳しければ、
朝か、夜だけ固形石鹸で洗って、ワセリンにしましょう。
そうすることで、だんだん肌の状態も見えてきますし、
週末繰り返すことで、
数日、なにもしない肌断食(基本水洗顔のみ)も可能な状態になります。


できるようになると、週初め、
肌の状態がかなり違うことに、驚くはずです。


これになれたら、今度は、
夜のみ、肌断食へ移行しましょう。
基本、化粧など全て落としたら、ワセリンのみにするのです。
※ワセリンもいらないと思ったら抜いてください。


そして、朝は普段通りにします。


こうすることで、少しずつ、肌の状態を整えながら、
角質層などの最低限の状態をつくりながら、
移行していくことができます。

慣れてきたら、日頃の化粧もリキッドなどはやめて、
ミネラルファンデなどに切り替えてください。
そうすることで、より変化を感じやすくなっていくでしょう。

そして、朝つけていた基礎化粧品(化粧水・乳液・クリーム・美容液)なども、
あまり使わなくなっていくはずです。


なぜなら、夜ワセリンを塗って、
翌朝起きると、肌の調子がけっこうよくなっています。
下手をすると、そのまま軽く油分をティッシュなどで取って、
そのままの状態を下地として、化粧をしたほうがノリが良くなることがあるんですね。

そうなると、手元の化粧品が段々いらなくなっていくというわけです。


ファンデもその他も、だんだん切り替わっていく状態になってきたら、
(例えば、ちょっと乾燥しやすい時だけ、乳液を付けるとか。)
ポン!と一気に、朝も夜も、肌断食状態へ移行しましょう。

これまでに、ミネラルファンデに切り替えてきた方ならば、
多くの人が通るかなり苦しい道は、大分減っているはずです。

しかし、ここからが本番です。
肌の声を聞きながら、肌がカサつくときはワセリン。
あまりにも、ガサガサして気になってしまうのなら、
適度に固形石鹸での洗顔を入れ、
気長に、肌と対話していってください。



4.30代後半~40代の方。

肌のコラーゲンやエラスチンなどが減ってきて、
シワやたるみなどが気になってきているこの時期。。
この時に肌断食をするのは、かなりの勇気がいることと思います。

特に、有効成分を肌に塗ることで、
結果を感じてきた方は、かなりキツイ。

ということで、
自分を信じてがんばるんだ!
という方は、
肌断食に直移行してもOKだと思いますが、
完全にきめ細かい良い状態になるのには、
数年は掛かることを認知してください。

また、シワが減るかどうかは、
ご自身の日頃の生活リズム・食生活・
運動(筋トレ・ストレッチ・ヨガなど含む)の状況により異なります。

というのも、肌というのは本来は、
内側から綺麗になるものだから。

外から、いくら与えてもそれは、本質的な美しさとは違います。
身体が健康だからこそ、肌も健康に見えるというのが本来の状態なんですね。


身体、硬くなってきていませんか?
日頃、自分の時間を1時間でもゆったりとれるときは有りますか?
運動する時間は取り入れているでしょうか?
意識的に、デトックスや代謝アップになる行為・食べ物を取り入れていますか?


肌断食をすると同時に、
ぜひ、体の内側から綺麗になる生活を、取り入れていってください。
これだけでも、かなり結果が変わります。


例えば私は、アラフォー、今年38歳ですが、
プラセンタを意識的に取り入れ、
デトックスウォーター(主にビタミンCのレモン水)を朝晩のみ、
酵素ドリンクもつくっていたりします。

そして、マルチミネラルはもちろん、マルチビタミンもしっかりとり、
その上で、筋トレやヨガ、リンパマッサージなどをできるときに
しているんですね。


色々やっているようですが、
そんなに時間がかかるものはあまりありません(笑)


例えばですが、
シミを取りたければ、足のマッサージが大事だとご存知でしたか?
体の仕組みを知るほどに、肌も美しくなり、同時に健康も手に入ります。

ちょっと肌断食から外れるかもしれませんが、
こちらのアンチエイジングケアが物凄く大反響を受けていますので、
ご紹介します。芸能人も多数実践している方法。気になりますね。
※自分は今は、まだ手を出していません(汗) 早くやりたいっ><;





ということで、肌断食。
取り入れるには、基本の生活にプラスアルファ、
体の内側から綺麗になる生活を取り入れることで、
効果が上がるということがわかるかと思うのですが、
こちらでも、沢山の基礎化粧品を使ってきた方は、
一気に切り替えるのではなく、
徐々に切り替えをおすすめします。


また、肌断食によるシワなどの改善を考えている場合は、
これまでの有効成分を一気に蹴る行為に出ると、
一気に老ける可能性があります。

なので、
夜肌断食。
朝は、これまでどおりのスキンケア
が一番望ましいでしょう。

そして、徐々にその頻度を押さえていけばいいのです。


40代になると、肌の状態も20代と比べればかなり違います。
その分、一気に切り替えるのは危険なことも念頭に置いて、
肌の声を聞きながら行うことで、
逆に肌が若返っていく現象が生まれると思います。
がんばっていきましょう。



5.50代以上の方
50代以上の方で、肌断食に移行される方はすごい!
ですがここでも、本の通りにやろうとすると問題が起こる可能性があります。

というのも、
50代以降の場合は、
今度は皮脂の分泌が段々衰えてくるから。

これまでご紹介してきた方法は、
ワセリンだけにする。
この方法でしたが、
肌断食に切り替える場合は、
プラス、ちょっとしたオイルを足してください。

順番としては、
固形石鹸洗顔→オイル→ワセリン です。
ぬるま湯洗顔の場合も、同じく、
かさつきを感じたら、オイル→ワセリンにしてください。

こうすることで、
肌が蘇っていくのがわかると思います。


もし、オイルを付けることで、
逆にべたついて嫌だという場合や、
調子が崩れる場合は、
ワセリンのみでOKです。


オイルは、スクワランオイルやホホバオイルをオススメしますが、
グレープシードオイルや、アルガンオイル。
また、日本の油ですと、
白ごま油の100度に熱してからコールドアウトしたものが、
とてもお肌に効果があるともされていますので、
ご自身で試されたいものを使ってみてください。

※他のオイルも、色々と良い物が有ります。探してみてくださいね。

オイルに、肌に良いアロマオイル(ラベンダーなど)をさして使えば、
また違った心地よさを感じることでしょう。


ここでも大事なことは、
日頃の生活からの内側から綺麗になるものをプラスすること。
是非試してみてください。



6.アトピー・乾燥肌で、お医者さんに通ってらっしゃる方。

アトピーの方は、
肌の治療で、てっとり早く効果が出るということで、
ステロイドを渡されている場合もありますが、
そのステロイドの基材となっている物質が、実はワセリンです。

ステロイドは、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用のある
ステロイドホルモンがワセリンに混ぜられたものです。
ステロイドを長く使うことにより副作用は知られていますが、
やめることにより、これまで、ステロイドで抑えていた炎症が、
起こりやすくなるのは当然の話しです。


ですが、肌断食は、一切のスキンケアを行わないので、
多くの合成界面活性剤に触れることはありません。
そのため、肌は荒れにくくなります。


まず、脱ステロイドへ向けて、
徐々にワセリンだけの時を作りましょう。
※肌断食は行わず様子を見ながら

そして、同時に、コンディションを整えることから始めていきます。
そう、体調を調えていくんです。

1.睡眠を充分にとる。睡眠を多めに取りましょう。
2.整腸をする。(甘いもの 脂分 乳製品 刺激物を控え、発酵食品をとる。)
3.酵素ドリンク(錠剤ではなくドリンク)を飲む。
4.血行を良くする(適度な運動(ヨガやストレッチ)をする)
5.自分のストレス解消方法をしっかり見つけ、実践する。
6.洗剤は界面活性剤の入っていないもの、柔軟剤は使用しない。
7.アレルゲンに当たるものから離れる。
8.布団は天日があたり風通しの良いところに干す。
9.タバコ お酒 コーヒーを制限する。
10.肌を清潔に保ち、保湿を徹底する。



ここで、とことん徹底していただきたいのが、
1~5です。

特に、酵素ドリンクを日々飲むようになることで、
数ヶ月でかなりの症状転換が見込めます。
私自身が、酵素ドリンクを飲んだことで
肌質がかなり改善し、アトピーによる日々の常日頃感じるかゆみなどの感覚から、
イライラなどされていた方が、とても穏やかになられた様子をみています。

まず、アトピーの原因ではあまり言われてはいませんが、
近年急速に私たちの生活内に増えてきた
農薬、食品添加物、殺虫剤、抗菌剤、ホルマリンなどの化学物質が、
直接的、間接的にアレルギーに関与していることが医学的にも判ってきているんですね。


いわば、お母さんが日頃の生活でとった、化学物質などが
子供に沢山わたり、アトピーを発症してしまうケースが多いのです。


日本は特に、食品添加物が他国に比べ、桁が一桁違う数許されている国です。
アメリカなどでは、100~200程度しか許されていませんが、
日本は、1000を超えていたり、
他国では、危険性があるため許可されていない添加物が、
日本では許されていることが多くあります。

※「保存料未使用」「香料無添加」などと言った表記に安心を覚える事があると思いますが、
  日本の場合、1%未満の場合、表示しなくてもいいため、とても曖昧です。
  100%信じられる表記ではないことも覚えておいてください。


その結果、
発ガン性・アレルギー性・遺伝毒性の3つの毒性
が、現れると言われています。


そう、アトピーが遺伝性的というのも、ここから引き出せると思いませんか?


この中で、酵素ドリンクは何を起こすかというと、
それらの毒性を出すのに効果を発揮し、
尚且つ、アトピー体質の人は、代謝機能が低下していて、
冷え性や低体温症であることが多いと言われていますが、
それらの改善にも一役買うんですね。


そして何より、
体内で弱っているところへ効果を発揮していくので、
自然と健康に導いていってくれるのです。

血液がドロドロ化している場合も、
サラサラへと徐々に変わっていくのを助けます。
※日頃食べる食べ物がジャンクフードばかりだと異なります。


月に断食を数日行い、
酵素ドリンクを飲んでいくことで、
この効果はさらに大きくなりますので、
まず、コンディション作りとして取り入れられてみてください。


いよいよ、コンディンションが整ってきた場合、(痒みが治まってきたなど)
肌断食の始まりです。
ですが、肌がカピカピで分厚い皮のようにになることも多いらしいのが
アトピー肌の方なので、

肌断食でどうしてもひどいなら、アロエローションをつけて、
ワセリンで保湿しましょう。

コンディションを整えながら続けることで、
必ずや良い肌になるかと思います。
がんばってください。

化学物質がアトピーに同影響しているかの説明はこちらが詳しいです。
アトピー性皮膚炎の真の原因は何か? | ナチュラルサポート[アトピー・喘息・化学物質過敏症等のアレルギーの方を中心に支援する市民活動&設計事務所]
化学物質からの影響についてはこちらが詳しいです。



また、アトピー症状改善やその他諸々については
こちらがとても参考になるかと思います。
アトピー攻略ブログ
アトピーについてかなりまとまっています♪



上と同じサイトですが、
アトピーは両親がアレルギーだとなりやすいことや、
両親が両方アトピーならアトピーになるリスクは70%超などの説明から、
アトピーを子供に遺伝させない方法がわかるページです。
乳酸菌でアレルギー体質の遺伝を治しアトピーになる確率が34%減らす予防方法! | アトピー攻略ブログ
アトピーは両親がアレルギーだとなりやすい 2 両親が両方アトピーならアトピーになるリスクは70%超 ...
アトピーを遺伝させない方法はこちら





以上、色々なパターンを書いてみましたが、少しでも参考になれば幸いです。
大事なのは、自分の状態に合わせて、適度に臨機応変に動けれること。
このおおらかさが大事です。


本にあったから。
きっちりこの通りに!


その通りにして、皮膚炎を起こしてしまっては、どうしようもありません。
自分の肌の声をしっかり聞きながら、対処していきましょう。

また、やはり、自分の体のコンディションを整え、内側から綺麗にしていくことで、
肌の状態はますます良くなります。
体の毒素を取り除けば、シミも2週間~数ヶ月で、消えてしまうというお話もあるんですね。
※しかもコチラは、リンパマッサージやヨガのみでできちゃうというお話。

まず、より健康へと促すこと。これに付きます。
すると、肌も輝いてくる♪
自分も今、そんな状態に向けて、切磋琢磨中です。

こちらのページに出逢った方が、
より美しくなりながら、一緒に健康にもなっちゃいますように☆


ありがとうございました^^


関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

このブログは、鬱になり復帰に向けて活動している経営者が、記載しています。
※おかげさまで現在、鬱症状は改善しております。やりたいことを仕事に起こしている真最中。
基本的に、復帰に向けたやり方をカテゴリー別に記載しながら、
それらにこだわるのではなく、やりたいときにやっちゃうを基本に、
楽~にをもっとうにしたブログ。

日頃の思いや、外に出せない気持ちなどの整理にも使ったりしていますが、
自分にとって心地よい空間づくりを目指しています。
多少、読みづらいところがあったらすいません。

同じように、鬱に掛かられた方やそんな方へ、こんな方法もあるよ。
と、気軽に取り入れられるような項目を増やして行きたいと思います。
一緒に元気になっちゃいましょ♪


というか、元気なんですけどね? なんなんでしょうね^^;


今現在、低位置ですが知人より 「成功している経営者は、どん底の経験をして昇ってきている」
「一度落ちたら、上を見上げれば無駄が丸見えで、楽な道がわかるようになる」

など頂き、確かにそうだなと色々振り返っている最中です。

楽をしろ! という話ではなく、 無駄を削げ。 これに付きます。

経営に向けての内容も、徐々にまとめていけたらいいな。
こんなサイトですが、そして私自身これからですが、
どうぞよろしくお願いいたします。




Designed by Akira.
Copyright © 人生のデザインアート All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。